×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

>> モンクレール ダウンジャケットはこちら

モンクレールダウンジャケットの歴史

モンクレールダウンジャケットは、創業者「レネ・ラヨミン」「アンドレ・バンサン」と登山家「リネオル・テレイ」との出会いから作られました。登山家のためのダウンジャケットをつくるために、軽量、保温性に優れた装備品として何度も試行錯誤され、ついにフランスマカル登頂隊、イタリアカラコラム登頂隊、アメリカアラスカ登頂隊の装備品として絶賛され信頼を得る結果となりました。また、グルノーブルオリンピックのフランスナショナルチームの公式ウェアとして採用、世界中にモンクレールのブランドが広がっていき現代に至っています。

モンクレールダウンジャケット本当はどうなの?

ブラウンのファー付など人気ですが、モンクレールダウンジャケットは高価なことで有名です。本物のモンクレールの品質は他の物よりも高級で、羽毛にはホワイトグースの産毛が使われているため、かなり保温性に優れているようです。またこの産毛は一度に30gしか取ってはならない規定があるため大量生産できないです。よって、値段が高価になっているようですが日本ではユーロ高など為替相場の影響もあってモンクレールダウンジャケットをフランスで買うより高いとされています。モンクレールダウンジャケットの見た目は、そこら辺のダウンジャケットとあまり変わらないですが、実際着てみると軽くとても暖かいです。これは買う本人が実際に着てみるしかないです。また、表面にはテフロン加工されているようで雨や汚れに強く痛みにくいと言えます。長年に渡り着ていきたいなら10万円以上しますが、本物のモンクレールダウンジャケットは最高でしょう。

>> モンクレール ダウンジャケットはこちら

モンクレールダウンジャケット本物偽者の見分け方

モンクレール公式サイトでは、オークションを通じてモンクレールの偽造品の出回りを警告しています。モンクレールのダウンジャケットはタレントや有名人の愛用者が増え、高価にも関わらず人気が高くなっています。それと同時に、正規品ではない偽物が横行しているようです。本物と偽物でラベルの位置やロゴの一部が違っていたり、ボタン、ファーが違う、中のフェザーが安物、商品の輸入ルートが中国韓国などアジア圏からの入荷などいかにも怪しいものからパッと見では分からないものまであるので注意しましょう。また、偽物が増えたためモンクレールはダウンジャケットに付いてくるカスタマーカードの番号を購入したユーザーがネット上で登録し、本物かどうか識別しているようです。モデルや販売店まで分かるため偽物が減るでしょう。yahooなどのオークションや、リサイクル店、露店などで売っていたら要注意です。なお、yahooオークションなどモンクレールダウンジャケットの写真画像を鵜呑みにせずモンクレール正規店で購入しましょう。

デート